店舗解体・スケルトン工事

店舗解体・スケルトン工事

よくあるご依頼

  • 什器を引き上げてほしい
  • 事務所内の内装を原状回復してほしい
  • 厨房機器や電気機器を処分したい
  • 店舗内の改装のためスケルトンにしてほしい

店舗のスケルトン工事や原状回復作業を致します。

  • 退去予定日まで時間がない
  • 夜間のみしか作業ができない
  • 店舗内の片付けからスケルトン工事まで作業してほしい

など、ご要望がありましたら是非ご相談ください。

 

多くの賃貸事務所や店舗の場合、退去する際には借りた時の状態に戻すスケルトン・原状回復)ことが契約書に明記されています。

実際、契約時には家賃の担保や原状回復費として保証金や敷金という名目で貸主さんにお金を預けています。

しかし、事業用の賃貸物件の場合、基本的には借主自身で原状回復工事を行う場合が多いです。

その際に、不動産屋さんや貸主さんに紹介された業者さんへ依頼し、保証金から相殺するというケースがよくあるようです。

この見積金額が思っていたよりも高額だったというお声をよくお聞きします。

本来ならば、決められた償却分以外の保証金は返却されるはずです。

しかしこれではお金が戻ってくることはおろか、余計に持ち出ししなくてはいけないという事態にもなりかねません。

紹介された業者さんのお見積もりがちょっと高いなと感じたら、是非ほかの業者にも声をかけてみることをおすすめします。

(2020年8月撮影 株式会社Silky様)

事務所から美容室へリフォームする際のスケルトン工事をご依頼いただきました。

(2020年8月撮影 株式会社Silky様)

不用品の回収から、リフォーム会社様との連携まで一貫してお引き受けいたしますので、ご依頼者様の負担を最小限に抑えることができます。

是非、お気軽にお問い合わせください。

© 2020 MA Company