お庭の手入れ 現場レポート

道路に越境している植木のお手入れと草刈り

道路に越境している植木のお手入れと草刈り

今日は道路に越境してしまっている植木のお手入れと、庭全体の草刈りのご依頼です。

前面道路が狭く、角地にあるお宅なので、ここはスッキリさせて視界良好にさせたいところ。

ピョンピョン飛び出している枝もきれいにカットして見栄えもよくしたいですね。

カラムシが茂る庭

うっそうと茂っているこちらの草はカラムシでしょうか。

雑草の中でもしっかりと根を張り、大きな株に成長してしまうカラムシは厄介な植物です。

ここもだいぶ道路へ越境してしまっているのでサッパリさせちゃいましょう。

雑草が生える玄関脇スペース

ここは玄関脇の近所の方からもよく目につく場所です。

小さな面積ですが小綺麗にしておきたいスペースですね。

こちらの方は細かい雑草なので草むしりをしていきます。

降ったりやんだりの微妙な天気ですが、土が柔らかい分草むしりがしやすいというメリットもありますね。

日陰にはシダ植物

日当たりが悪くなる場所には、放っておくとシダ植物が増えてきます。

羽のような特徴的な葉っぱのシダは縦には伸びず、このように横に広がっていきます。

かわいらしい葉っぱなのでピンポイントで残しておくとお庭のアクセントになりますが、今回はこちらもすべて除草するというご依頼です。

日陰にはシダ

まずは道路側からどんどんきれいにしていきます。

作業に入る前には、近隣の方にご挨拶もさせていただいています。

カラムシから撤去

うっそうと生い茂っていたカラムシもあっという間にこの通り。

工具を使っているので作業時間も短いです。

生垣もきれいにカット

生垣のぴょんぴょんはみ出た部分をカットしてスッキリしました。

見通しが良くなったコーナー

道路に越境していた部分がなくなり、コーナーの見通しもとてもよくなりました。

玄関脇もサッパリ

玄関脇もサッパリしました。

こちらのお宅は、これから新しい買主様の手に渡り解体するとのこと。

なので、草むしり後に除草シートや砂利敷きなどせず、このままの状態でよいとのことです。

雑草の中に埋もれていた桝がお目見えしました。

シダを撤去

シダ植物もすべて抜き取りました。

これでお引き渡しの際の境界チェックもわかりやすそうです。

家の裏側もサッパリ

家の裏側もシダ植物に覆われていましたがすべて抜き取りスッキリ。

庭部分

ビフォアを撮影するのを忘れてしまいましたが、こちらがお庭部分です。

かなり背高く雑草が生えていましたが、芝刈り機であっという間にきれいになりました。

弊社は仲介業者さんからお客様をご紹介していただくことがとても多いです。

※今回のこちらのお宅も同様です。

お引き渡しの前に、庭を綺麗にしてほしい

〇日にご案内があるので草むしりをしてほしい

こんなご依頼をよくいただきます。

私は以前、住宅の買取業者の営業をしていたので、

  • 家を綺麗に魅せる
  • 内見しに来られるお客様がどんなところが気になるか
  • 仲介業者さんがご案内しやすい環境づくり

こんなところを意識し、お庭の手入れ作業後の清掃にも配慮させて頂いています。

今回のご依頼は

綺麗になって新しい買主さんにかわいがってもらうんだよ~

と家に語りかけながら真心こめて作業させていただきました。

綺麗にさせていただきありがとうございました。

 

弊社では、草むしりやお庭のお手入れのご依頼をお待ちしております。

ラインからも無料でお見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

丹精込めて作業させていただきます。

適正料金をご提示するための弊社のモットー

弊社ではすべてのお客様に公平な料金でサービスを受けて頂くために、料金表というものを作っておりません。

一軒一軒、現場をきちんと確認し、当日に追加料金が無いよう明確なお見積もりをさせていただいております。

もしもお見積り時よりも不用品の量が増えたなど料金が変更になる場合は、新たなお見積額をご提示しお客様に納得していただいてからサービスを開始させていただきます。

詳しくは料金についてというページをご覧ください。

お見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

なお、ラインやメールにて、経験からザックリとしたお見積金額をお伝えすることはできます。

だいたいいくらくらいになるのか現地でのお見積もりの前に知っておきたいという方は、是非ご連絡ください。

-お庭の手入れ, 現場レポート

© 2020 MA Company